イベント

  • 開催実績
  • アクセス
  •  

Celebration Concert and Luncheon

世界のクラシック界を牽引している「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団」トップメンバー5名による特別コンサートを、ホテルオークラ東京 洋食調理総料理長 池田 順之による特別料理とともにお愉しみいただきます。世界最高峰の演奏を是非この機会に間近でご体感ください。
開催日 2016年10月3日(月)
時間 11:00~ 受付
11:30~ ランチ
12:30~ コンサート
会場 アスコットホール (地下2階)
料金

¥20,000 
(ランチ・コンサート・サービス料込)
※プレミアムテーブル ¥23,000につきましては満席となりました。

One Harmony会員の皆様には100ポイントを付与いたします。ご予約の際に会員番号(9桁)をお申し付けください。

協力 サントリーホール
ご予約・
お問い合わせ
イベント予約係 
TEL:03-3224-7688
出演者

【ウィーン・フィルハーモニー
管弦楽団メンバー】

ダニエル・フロシャウアー
(第1ヴァイオリン)

ダニエル・フロシャウアー(第1ヴァイオリン)

オーストリアのウィーン生まれ。ジュリアード音楽院にて、ドロシー・ディレイ、川崎雅夫に師事。
その後、ウィーンでピンカス・ズッカーマン、アルフレッド・シュタール、アルフレッド・アルテンブルガーの元でさらに研鑽を積む。1997年に、パリのピエール・ランティエ国際コンクールで優勝。
ソリストとして、ザルツブルク・モーツァルテウム管、日本フィル、西ドイツ放響などと共に世界中で演奏。
1993年、ウィーン楽友協会(ブラームスホール)リサイタルデビュー。
98年ウィーン国立歌劇場管弦楽団およびウィーン・フィルの1stヴァイオリンのメンバーとなり、2004年からはセクション・リーダーを務める。1723年ドメニコ・モンターニャ製のヴァイオリンを使用。

ハラルド・クルンペック
(第2ヴァイオリン)

ハラルド・クルンペック(第2ヴァイオリン)

オーストリアのウィーン生まれ。6歳よりヴァイオリンをはじめ、ウィーン音楽院でミヒャエル・シュニッツラー、ゲアハルト・ヘッツェルに学んだ後、アルフレッド・シュタールの元でさらに研鑽を積む。
オーストリアの「若い音楽家のための音楽コンクール」に何度も入賞。
1987年、アバドの設立したグスタフ・マーラー・ユーゲント・オーケストラのコンサートマスターに抜擢される。
93年にウィーン国立歌劇場管弦楽団、96年にウィーン・フィルのメンバーとなる。
室内楽にも精力的に取り組み、94年にはオーストリア、ペルトシャッハでのブラームス室内楽コンクールで第1位を獲得。
ウィーン・フィル・アンサンブル、「アンサンブル・ウィーン・コラージュ」「アンサンブル・コントラプンクテ」、ザイフェルト弦楽四重奏団で活躍。

ヴォルフ・ディーター・ラス
(ヴィオラ)

ヴォルフ・ディーター・ラス(ヴィオラ)

オーストリアのウィーン生まれ。7歳でヴァイオリンを始めた後ヴィオラに転向、ウィーン国立音楽大学でカール・シュティアホフに、また当時ウィーン音楽院にいたハンス・ペーター・オクセンホフォーに師事。
1987年よりウィーン・フォルクスオーパーで演奏、89年、ウィーン国立歌劇場管弦楽団に入団、92年よりウィーン・フィルのメンバーとなる。
2000年よりヴィオラのセクション・リーダーを務める。室内楽でも「ウィーン・モーツァルティステン」「ウィーン・ヴィルトゥオーゾ」などのメンバーとして国内外で活躍。

ラファエル・フリーダー
(チェロ)

ラファエル・フリーダー(チェロ)

オーストリアのウィーン生まれ。1968年よりウィーン音楽院でリヒャルト・マツシュカの元で学び79年に優秀な成績で卒業後、ジュネーブのピエール・フルニエ、ベルリンのカラヤン・アカデミーのエーバーハルト・フィンケの元でさらに研鑽を積む。
1973年、オーストリアの「若い音楽家賞」で第1位を獲得。79年には、ジュネーブ国際音楽コンクールで銅賞に輝く。
85年から90年まで、トーン・キュンストラー管のメンバーとして活躍後、90年にウィーン国立歌劇場管弦楽団の、93年にウィーン・フィルのメンバーとなる。
96年からはセクション・リーダーとして活躍。日本、アメリカ、ヨーロッパでソリストとして数多くの演奏会や録音を残している。

ダニエル・オッテンザマー
(クラリネット)

ダニエル・オッテンザマー(クラリネット)

2009年よりウィーン・フィル及びウィーン国立歌劇場管弦楽団首席クラリネット奏者。
同年、権威ある「カール・ニールセン国際クラリネットコンクール」で入賞。
ソリストとして、ウィーン・フィル、ザルツブルク・モーツァルテウム管、NHK交響楽団と、ロリン・マゼール、グスターヴォ・ドゥダメル、アンドリス・ネルソンス、アダム・フィッシャーなどの指揮で共演。
室内楽の分野では、バーバラ・ボニー、トーマス・ハンプソン、ボビー・マクファーリン、ジュリアン・ラクリンなど、錚々たる演奏家と共演している。
「ザ・フィルハーモニクス」の他、また、親子でベルリン・フィル、ウィーン・フィルの首席を務める弟のアンドレアス、父のエルンストと共にクラリネット・トリオ「クラリノッツ」を結成している。録音も多数。

曲目

シューベルト

弦楽三重奏曲変ロ長調 D471

ハンス・ガル

トリオ

モーツァルト

クラリネット五重奏曲イ長調 KV581

料理
  • スライスサーモンマリネ キャビアとコンディメント添え 
    彩りサラダとともに 西洋わさびが香るサワークリーム
  • クラシックなコンソメスープ クレープを浮かべて
  • 特選国産牛フィレ肉のソテー ウィーン風 フライドオニオンと温野菜とともに 
    マスタード風味のフォン・ド・ヴォー
  • ガトー フォレ ノワール
  • コーヒーとヌスボーゲン
※出演者・演目は変更になる場合がございます。
※定員になり次第締め切らせていただきます。

お問い合わせ

イベント予約係TEL:03-3224-7688
(月~金 10:00~17:00 / 祝日を除く)
イベントトップへ戻る
TOP