イベント

  • 開催実績
  • アクセス
  •  

第17回 『ホテルオークラ音楽賞』 授賞式・受賞記念演奏会

※こちらのイベントは終了しました。

ホテルオークラ東京では、1996年より社会貢献・文化事業の一環として、将来を嘱望される音楽家の育成を目的とした『ホテルオークラ音楽賞』を開催してまいりました。このたび、厳正な選考により、第17回『ホテルオークラ音楽賞』の受賞者は崔 文洙氏(ヴァイオリン)と上野 星矢氏(フルート)に決定いたしました。
これを記念し、下記概要にて授賞式・受賞記念演奏会を開催いたします。

受賞者

■崔 文洙(Munsu Choi)

チェ・ムンス氏画像

1988年モスクワ音楽院に留学、ワレリー・クリモフ氏に師事。1998年小澤征爾氏に認められ新日本フィル入団、2000年より同楽団ソロ・コンサートマスター。
ソリストとして小澤征爾、C.アルミンク、D.ハーディング、小泉和裕、L.フライシャー、故G.ボッセの各氏と共演。ロシア伝統のヴァイオリン・メソードの日本における唯一の伝承者であり、その気品に満ちた芸術性は高く評価されている。
現在、新日本フィルと大阪フィルのコンサートマスターとして多忙を極める。
使用楽器:1661年製ニコラ・アマティ(グランドアマティ)。

【選評】

崔文洙さんは長年にわたって新日本フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターを務めてきた。コンサートマスターは単にヴァイオリン演奏に卓越しているだけではなく、指揮者と楽員の橋渡し役、楽員全体のまとめ役という難しい任務をこなさなくてはならない。崔文洙さんがそうした大役をいかに誠実に務めあげてきたかは、多くの指揮者が彼に絶対の信頼を置いていることに現われていよう。もちろん彼はソリストとしても、技巧と音楽性の両面で、きわめて抜きん出た技量を持った名手である。若い頃にロシアに留学していただけあって、芯のあるしっかりとした音、ダイナミックな力感、濃やかな情感表現を特色とする雄弁なその演奏は、ロシアのヴァイオリン演奏の伝統に通じるものがあり、それは他の日本で活動しているヴァイオリニストにはない彼独自の個性として際立つものとなっている。今後も、コンサートマスターとソリストの両面でのいっそうの活躍を期待したい。

選考委員 寺西 基之

■上野 星矢(Seiya Ueno)

上野星矢氏画像

1989年生まれ、東京都出身。これまで全日本学生音楽コンクール全国大会など数多くのコンクールで優勝。東京都立芸術高校を経て、東京藝術大学音楽学部に入学。第8回ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクール第1位。2009年よりパリに留学し、パリ国立高等音楽院を審査員満場一致の最優秀賞並びに審査員特別賞を受賞し卒業。2012年10月にCDデビュー。現在はドイツ、フランス、アメリカ、日本を主な活動の中心としている。

【選評】

日本のフルート界には最近優れた若手が次々と出現しているが、その中にあって上野星矢さんはとりわけ水際立ったテクニックと音楽的センスを併せ持った逸材といえよう。すでに高校時代から数々の国内コンクールで優秀な成績を収め、東京藝術大学に入学した2008年には、世界のフルート界で最も権威があるジャン=ピエール・ランパル国際フルート・コンクールで見事グランプリに輝くという快挙を成し遂げていることからも、彼がいかに優れた資質を持っているかが窺える。精妙かつ鮮やかな技術、豊かな歌心、多様なニュアンス、感興に富んだ表情付けを特徴とする彼の演奏は、フルートという楽器のあらゆる可能性を引き出すかのような表現意欲を感じさせる。現在ヨーロッパを本拠に、フランス国立リヨン歌劇場管弦楽団の客演首席奏者を務めるなど、欧米ですでに第一級のフルーティストとして認められていることも、彼の実力の証明といえるだろう。今後のさらなる飛躍が楽しみである。

選考委員 寺西 基之

開催日 ※イベントは終了しました。
2016年2月27日(土)
開催時間 授賞式:18:00~18:10
演奏会:18:10~19:00
受賞者 崔 文洙(ヴァイオリン)
上野 星矢(フルート)
曲目

【崔 文洙】
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ長調 作品100
モンティ:チャールダッシュ

(ピアノ:崔 仁洙)

【上野 星矢】
グルック:精霊の踊り
ビゼー:カルメン間奏曲
ボルヌ:カルメン幻想曲
松任谷 由実:春よ、来い

(ピアノ:宇根 美沙惠)

«合同演奏曲»
ヘンデル:トリオ・ソナタ 変ロ長調 HWV388

(ピアノ:崔 仁洙)

選考委員

■選考委員長

・池田 正己(ホテルオークラ東京 代表取締役社長)

■選考委員

・堤 剛(チェリスト、霧島国際音楽祭音楽監督、サントリー芸術財団代表理事、サントリーホール館長、日本芸術院会員、文化功労者)

・大友 直人(指揮者、群馬交響楽団音楽監督、東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団ミュージックアドバイザー)

・寺西 基之(音楽評論家、公益財団法人 東京交響楽団 監事、公益財団法人 東京二期会 評議員、公益財団法人 アフィニス文化財団 理事、公益財団法人 日本ピアノ教育連盟 評議員)

会場 メイプルルーム(2階)
応募要項

【事前申込制】

受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

当選の方には、2016年2月9日(火)までに当選案内メールをお送りいたします。

音楽賞前回開催風景

前回開催風景

お問い合わせ

営業企画部(03)3505-6110
月~金 9:00~17:00 / 祝日を除く
イベントトップへ戻る
TOP