二台の馬車と渡し舟のある川辺の風景

二台の馬車と渡し舟のある川辺の風景

サロモン・ファン・ライスダール(1602-1670)
1661年
美術館 ギャルリ・ミレー

【作家紹介】
サロモン・ファン・ライスダール

オランダ、ハールレム生まれ。師匠ヤン・ファン・ホイエンと並び、17世紀オランダを代表する風景画家。河口や運河のあるオランダの村落風景をよく描いた。初期の単色表現から晩年には円熟した色彩表現に到達する。弟のイサーク、甥のヤーコプも画家として活動した。