洋風母子犬図

洋風母子犬図

長澤蘆雪( 宝暦4年[1754]-寛政11年[1799] )
天明6-7年頃(1786-87)頃
すみだ北斎美術館

【作家紹介】長澤蘆雪

丹波篠山生まれ。円山応挙に学ぶ。天明6年から7年(1786-1787)にかけて南紀に滞在し、串本の無量寺をはじめとする南和歌山の寺に多くの障壁画を遺す。師とは異なる奔放な性格や画風から、曾我蕭白(そがしょうはく)などとともに「奇想の画家」の一人として知られる。