十二支図の内 菊狗子

十二支図の内 菊狗子

円山応挙( 享保18年[1733]-寛政7年[1795] )
明和7年(1770)
海の見える杜美術館

【作家紹介】円山応挙

京都生まれ。狩野派の画法を出発点とし、その後、西洋の透視図法や中国清朝の作家作品からも学んだ。写生に基づく再現的な描写と、わかりやすく清新な画風を確立。円山派の祖として多くの門人を育てた。