國酒 -こくしゅ- 焼酎

壱岐焼酎

壱岐焼酎

沖縄県の「琉球泡盛」、熊本県の「球磨焼酎」、鹿児島県の「薩摩焼酎」と同様、長崎県の「壱岐焼酎」は世界貿易機関(WTO)の協定に基づく産地指定銘柄に指定されており、「国際的な地位を確立した産地呼称」です。

3世紀に記された中国の歴史書『魏志倭人伝』にも登場し、麦焼酎発祥の地とも言われる「壱岐島」。博多よりフェリーで約2時間弱の玄界灘に位置するこの島は、古代、大陸より朝鮮半島を経て、日本列島に芸術・技術・文化などを中継した重要な島です。
壱岐島は、もともと広大な穀倉地帯であり、米や麦が豊かに実る土地です。しかし江戸時代、壱岐の人々は平戸藩に収める年貢の重税に苦しんでいました。年貢の対象とはならない麦が食され、余った麦で自家製のどぶろくなどが盛んに製造されました。そして、大陸や東南アジアとの活発な交易で得た情報をもとに、海外の蒸留技術と日本の酒造技術が融合した、独自の形を徐々に形成していったのです。そのような中で、米麹と麦を用いた長期貯蔵のきく、この地ならではの蒸留酒、壱岐焼酎が生み出されました。

壱岐焼酎とは、島内で一貫して生産される焼酎の総称で、玄武岩層を通り湧き出る清廉な壱岐島の水のみを利用し、原料の米麹と麦を1:2の分量で仕込み、醪を熟成後、単式蒸留器で丁寧に蒸留されます。麦の香りが香ばしく、自然なまろやかさに優しく包み込まれるような美酒は、壱岐島内で大切に貯蔵され、瓶詰め後に出荷されます。

和食・天ぷら「山里」では、エレガントな香りと味わいが魅力の「壱岐スーパーゴールド」をご用意しております。スペイン産のシェリー酒造りに使用されたホワイトオーク樽を使用し、2年間ゆっくりと貯蔵。複雑、芳醇で、厚みのある非常に柔らかな味わいが愉しめます。壱岐焼酎の他には、香ばしい麦の香りが特徴の個性的な麦焼酎、大分県宇佐市の「焼酎屋 兼八 原酒」などもおすすめです。桜鱒の塩焼きや照り焼き、サザエのつぼ焼き、アワビの塩蒸し、ニシン万年煮など、海の幸とともにぜひお愉しみください。

貯蔵熟成 壱岐スーパーゴールド (玄海酒造株式会社)
60ml ¥1,188

和食・天ぷら 「山里」
ソムリエ 岡田昌男

 

他の國酒[焼酎]コラム

TOP