ワインの引き出し

 
シャブリ ~4つの階層~
シャブリイメージ画像

ブルゴーニュ地方、白ワインで有名なシャブリ地区。
シャブリの中にも実は4つの階層が存在しています。今回は階層の違いをご紹介します。

「シャブリ」というワインの名称は、街の名前「シャブリ」に由来しています。
このシャブリ地区で製造された白ワインのみ、「シャブリ」と名乗ることができるのです。
シャブリの中でも、フランスの国の機関A.O.Cに指定された4つの階層に分類されています。
この階層は、1つ1つの畑によって分類されており、下から、プティ・シャブリ(Petit Chablis)、シャブリ(Chablis)、シャブリ・プルミエ・クリュ(Chablis Premier Cru)、シャブリ・グラン・クリュ(Chablis Grand Cru)となります。 グラン・クリュに指定された畑は、シャブリ地区でも7つの畑に限定され、その畑で育ったブドウを使って製造されたシャブリだけがグラン・クリュ(特級)と名乗ることができます。

すっきりとした味わいで、独特なミネラル感がお料理を引き立てるシャブリ。
軽い風味のプティ・シャブリとシャブリは、シーフードサラダや生牡蠣などと合わせて、厚みのある風味のプルミエ・クリュとグラン・クリュは、魚介類の出汁やクリームを使ったお料理と合わせて、お召しあがりいただくのがおすすめです。

暑い夏にぴったりの白ワインをぜひご賞味ください。

 

過去の記事

TOP