ワインの引き出し

 

極甘の貴腐ワインは初心者でも飲みやすい!特徴とおすすめの飲み方

執筆者プロフィール

シニアソムリエ 菅原 淳美

ダイニングカフェ カメリアを経て2015年より桃花林ソムリエ。
酒類全般に関する幅広い知識を持ち、利酒師、テキーラマエストロの資格も持つ。数々のソムリエコンクールに挑戦中の期待の若手ソムリエ。

皆さんは貴腐ワインを飲んだことがありますか?キラキラとした黄金色とエレガントな風味は、甘口ワインの中でも特別な高級感があります。濃厚な口当たりと重厚感のある甘さが魅力で、ワイン愛好家からスイーツ好きまで愛されています。低い価格帯であってもエレガントな高級感を味わえるものが多いため、昨今では女性を中心に貴腐ワインへの注目度が高くなっています。
そんな貴腐ワインですが、詳しく知らないという人も多いと思います。今回は貴腐ワインとはどんなワインか?というところから貴腐ワインの特徴や魅力を交えながら詳しく解説していきます。

貴腐ワインの魅力

ワインイメージ画像
貴腐ワインとは?

「高貴なる腐敗」という意味から名付けられたこのワインは、「貴腐菌」とも呼ばれるボトリティス・シネレア菌がぶどうの果実に付着することでぶどうの水分が蒸発し、腐敗したように見える「貴腐ぶどう」を原料として造られます。高い糖度の貴腐ぶどうを使用するほど、高級な貴腐ワインと評価されます。貴腐香と呼ばれる独特の香りや甘美な風味から「ワインの王にして、王のワイン」という呼び名まであります。濃厚な甘みとエレガントな風味が貴腐ワイン最大の魅力であり、贅沢なデザートワインと捉えることもできます。

貴腐ワインの特徴

貴腐ワインの特徴はまさにとろけてしまいそうな甘さにあります。薄いぶどうの果皮に貴腐菌が付くことで、菌糸により果皮表面のロウ層が溶け、無数の小さな穴を空けます。その無数の穴から果実の水分が蒸発し、果汁の糖分が濃縮されます。こうして生まれた貴腐ぶどうから、黄金色の貴腐ワインが造られるのです。収穫後も貴腐菌がぶどうに付いたままになるため、菌によりワインに複雑な風味も生まれます。菌とぶどうは貴腐ワインを造る上で切っても切れない重要な関係なのです。貴腐ワインは辛口のワインに比べて糖度が高いため、抜栓してからの日持ちが良いことも特徴で、1週間~1ヵ月前後と長期間愉しむことができます。

人生で一度は飲んでみたい世界三大貴腐ワイン

世界の貴腐ワインの中でも、特に高級とされる有名な貴腐ワインがフランス、ハンガリー、ドイツにあります。その国の気候により味わいは異なりますが、どれも幸せな気持ちにさせてくれる極上の味わいです。

フランスの貴腐ワイン

フランスでは貴腐ワインはソーテルヌと呼ばれています。その名の通り、ボルドー地方にあるソーテルヌ地区で造られるワインをそう呼びます。ソーテルヌ地区の土壌は砂利や丸い小石が多く、その下は粘土を含む石灰質になっていることから、甘さだけでなく果実味、酸味、苦みなどがある複雑な味わいに仕上がります。ソーテルヌは類まれな長期熟成が可能な、世界最高の貴腐ワインと呼ばれています。ソーテルヌの貴腐ぶどうはどのような条件で作られるかというと、ぶどうが熟す秋、森の中を流れる水温の低いシロン川が大きなガロンヌ川と合流する地点で、二つの河川の水温の違いから霧が発生し、ソーテルヌの畑を覆います。その後、太陽の光を受けてぶどう畑が暖められることで、貴腐菌が発生します。このような特別な気候条件が揃ってはじめて生まれる、希少なワインなのです。

ハンガリーの貴腐ワイン

二つ目の貴腐ワインはハンガリーのトカイ・へジャリア地方で造られる「トカイ」と呼ばれる貴腐ワインです。トカイ・へジャリア地方はウクライナとスロバキアに接した地方でおよそ6,500haの土地から200,000hl(ヘクトリットル)のワインを生産しています。ハンガリーの中でも特に有名な産地で、土壌は陶土の混じった火山性土壌です。北のカルパチア山脈の影響で冷気が抑えられるため、秋になると湿気が増し、貴腐菌が多く繁殖するので貴腐ぶどう栽培には適した条件となります。ぶどう品種はフルミントが主に使われていますが、この品種は果皮が薄いので貴腐菌が取り付きやすく、貴腐ワインの生産に向いています。この地方で生産され、世界三大貴腐ワインの一つに数えられているのが、トカイ・アスー・エッセンシアです。アスーとは「糖蜜」や「シロップ」の意味です。その名の通り、とろりとした蜜の味わいでアーモンドのような香ばしさが特徴のワインです。アスー・エッセンシアより上の格付けとして、貴腐ぶどう100%で造る最高級ワインのトカイ・ナチュールエッセンシアがあり、ソーテルヌにも肩を並べるほどの高い評価を得ています。

ドイツの貴腐ワイン

そして、三つ目の世界三大貴腐ワインはドイツで造られているトロッケンベーレンアウスレーゼです。ドイツはぶどう栽培地の北限に位置しているため、冷涼な気候が赤ワイン用のぶどう栽培には向かず、白ワイン用のぶどうが多く栽培されています。ドイツで生産されるワインは、ぶどうの糖度によって格付けされます。その中でもトロッケンベーレンアウスレーゼは最高級ワインとして確立しています。その糖度の高さによりソーテルヌやトカイよりもアルコール度数が低いものが多いです。貴腐菌が発生するのに最適な天候に恵まれた年にのみ生産されるため、生産量が少なく稀少なことも特徴です。濃い金色に輝くこの貴腐ワインは、世界最高のデザートワインと称されます。

貴腐ワインのおすすめの飲み方

常温で飲むことが多いハンガリーを除き、一般的には貴腐ワインの適温は6℃~8℃とされており、白ワインよりも冷やして食前や食後に飲むのがおすすめです。貴腐ワインは他のワインより糖度が高い分、温度が高いと甘くなりすぎ、味がぼやけてしまうためです。貴腐ワイン本来の味や香りを引き出すことができる温度設定に気を配る必要があります。
貴腐ワインに合わせたい料理は、何と言ってもフォワグラです。濃厚で芳醇な香りを持つフォワグラは貴腐ワインにとても良く合います。フォワグラの脂と、ワインの甘みが絡み合うことで、絶対的な美味しさを生み出します。貴腐ワインは食後にいただくことも多いのですが、デザートのチョコレートはもちろん、バニラアイスとマリア―ジュさせるとまるでラムレーズンを食べているような感覚を味わうことができます。そのほか、ブルーチーズやレアチーズケーキなども塩分と酸味が貴腐ワインの上品な甘さを引き立てて絶妙なマリア―ジュとなります。

おすすめの貴腐ワイン

銘柄:
CARMES DE RIEUSSEC(カルム・ド・リューセック)
産地:
フランス ソーテルヌ

琥珀色でアカシアの花の香りが特徴です。非常に粘性があり、とろりとした蜂蜜のような濃厚さがあります。ブルーチーズのゴルゴンゾーラと一緒にいただくのがおすすめです。

銘柄:
CHATEAU COUTET(シャトー・クーテ)
産地:
フランス ソーテルヌ

複雑味のある爽やかな甘みが特徴。優美でエレガントなバランスのとれた甘さの貴腐ワインです。蜂蜜色で、アンズの風味が特徴です。こちらも粘性があり、バニラアイスにかけても絶品です。

銘柄:
TOKAJI ESZENCIA(トカイ・エッセンシア)
産地:
ハンガリー トカイ

琥珀色で甘さと香ばしさが特徴のトカイワインは、スイーツと究極の組み合わせになります。酸味のあるりんごを使用したアップルパイは、トカイワインの香ばしいアロマとコクがより美味しさを引き立ててくれます。

まとめ

貴腐ワインの世界はいかがでしたでしょうか。特別な気候条件が揃ってはじめて生まれる、価値ある希少な貴腐ワイン。「ワインの宝石」とも呼ばれる輝かしいワインをぜひ美味しい食事とともに味わってみてはいかがでしょうか。

ワインを愉しめるレストラン・バー

  • フランス料理・ワインダイニング ラ・ベル・エポック/バロン オークラ フランス料理・ワインダイニング ラ・ベル・エポック/バロン オークラ
    ラ・ベル・エポック /
    バロン オークラ
    フランス料理・ワイン
    ダイニング 12階
  • 中国料理 桃花林 中国料理 桃花林
    桃花林
    中国料理 12階
  • 和食・天ぷら 山里 和食・天ぷら 山里
    山里
    和食・天ぷら 2階
  • 鉄板焼 さざんか 鉄板焼 さざんか
    さざんか
    鉄板焼 3階
  • 
コーヒーショップ ダイニングカフェ カメリア 
コーヒーショップ ダイニングカフェ カメリア
    ダイニングカフェ
    カメリア
    コーヒーショップ 1階
  • 
メインバー オーキッドバー 
メインバー オーキッドバー
    オーキッドバー
    メインバー 12階
  • スコティッシュバー バー ハイランダー スコティッシュバー バー ハイランダー
    バー ハイランダー
    スコティッシュバー 1階

関連の記事

TOP