ワインの引き出し

 

プリオラート産赤ワインの特徴とは?
主なブドウ品種と人気のワイン

執筆者プロフィール

シニアソムリエ 菅原 淳美

ダイニングカフェ カメリアを経て2015年より桃花林ソムリエ。
酒類全般に関する幅広い知識を持ち、利酒師、テキーラマエストロの資格も持つ。数々のソムリエコンクールに挑戦中の期待の若手ソムリエ。

近年世界的に注目されているスペインワインの中でも、新しい高品質赤ワインの産地として名高いのがプリオラートです。プリオラートで造られるワインは土着品種であるガルナッチャ(グルナッシュ)とカリニェナ(カリニャン)を主体に造られていることからもオリジナリティーがあり、その濃厚でエレガントな味わいはワイン愛好家にも一目置かれています。プリオラートワインならではの美しい味わいをご紹介いたします。

プリオラート地方の特徴

プリオラート イメージ画像

プリオラート(Priorat)は、スペイン北東部のカタルーニャ州にあるスペインを代表する赤ワイン産地のひとつで、バルセロナから南西に約100キロ進んだタラゴナ県内陸のモンサン山脈の南に位置する山間部にあります。プリオラートは寒暖の差が激しく、急斜面のリコレリャと呼ばれる粘板岩土壌でブドウが栽培されています。このリコレリャと呼ばれる土壌は湿っているため、降水量が年間400ミリ以下と少ないこの地域でも灌漑が必要なく、太陽の光を反射するためブドウを熟成させやすいという特徴をもっています。
プリオラートは「修道院」という意味で、その名の通り、12世紀にカルトゥジオ会の修道士がブドウを持ち込みワイン造りが始まったと言われています。当時からアルコール度数が高く濃厚な赤ワインが造られていましたが、栽培環境が厳しく徐々にワイン生産は衰退していき、19世紀にはフィロキセラによってブドウ栽培が甚大な被害を受けたことにより、ワイン造りは壊滅的になりました。しかし1980年代後半にプリオラートの可能性に着目したルネ・バルビエなどの醸造家たちによりワイン栽培が復活を遂げ高品質ワインが産み出されたことにより、世界中の注目を集めることとなりました。
プリオラートはスペインがワイン法である原産地呼称(D.O.)制度をつくった1932年に認定された伝統あるワイン産地であり、2009年には厳しい基準をクリアしたワインだけが認められる特選原産地呼称ワイン(D.O.Ca.)に昇格しました。プリオラートは1991年に認定されたリオハと並び、ただ2つだけの特選原産地呼称ワインに昇格したワイン産地です。また、プリオラートにある12の村それぞれが土壌の違いなどにより生産するワインの味わいが異なるため、プリオラートでは2009年にスペインで初めて「ビノ・デ・ビラ」という村名表記をする表示法が導入されています。
現在、プリオラートではボデガ(ワイナリー)は約70あり、約2,000haあるブドウ畑で年間約950kl(キロリットル)のワインが生産されています。

プリオラート地方の主なブドウ品種と味の特徴

プリオラートは赤ワイン用のブドウ品種が主に栽培されています。スペインを代表する赤ワインの産地として、スペイン北部に位置するリオハ、スペイン中央北部にあるリベラ・デル・ドゥエロ、そしてプリオラートが挙げられます。リオハとリベラ・デル・ドゥエロではテンプラニーリョ種を中心に栽培しているのに対し、プリオラート地方では固有品種であるガルナッチャ(グルナッシュ)種やカリニェナ(カリニャン)種を中心としたブドウが栽培されています。カリニェナはマスエラといったシノニムを持っています。
以前はガルナッチャとカリニェナを用い、濃厚で力強くアルコール度数の高い長期熟成向きの赤ワインが造られていましたが、現在はプリオラートではガルナッチャとカリニェナに国際品種であるカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロー、シラーなどをアッサンブラージュした、濃厚かつエレガントでモダンなスタイルのアルコール度数の高い高級赤ワインが造られています。熟したブラックチェリーやブラックベリーなどの凝縮された香りやスパイス、コーヒーやタバコといった複雑な香りを感じることができます。また、赤ワインの他にロゼワインや、ガルナッチャ・ブランカ、ペドロ・ヒメネス、マカベオなどの白ブドウを用いた白ワインも造られています。
お料理ですが、プリオラートワインはタンニンがなめらかで凝縮感のある味わいのため、味わいの強い料理とよく合います。ステーキやビーフシチュー、イノシシ肉の煮込みなどのメイン料理には上質なプリオラートワインがぴったりです。白いんげん豆やほうれん草などが入ったトルティーリャを塩ダラやパプリカなどと合わせたソースで煮込んだ郷土料理のトゥルイタ・アム・スックもぜひプリオラートワインと合わせて味わいたい一品です。また、イベリコハムやスパイシーなソーセージ、パテなどのお肉の旨味の強い軽食とも素晴らしいマリアージュを生み出します。他にも、コクのあるハードチーズやドライフルーツなどに合わせるのもおすすめです。

おすすめのプリオラート産ワイン

銘柄:
Vins i Llegendes(ヴィン・イ・レジェンデス)
産地:
スペイン プリオラート
品種:
ガルナッチャ/モナストレル

断崖絶壁の地で造られるプリオラートは、有機農法によるパワフルかつエレガントな赤ワインです。こんがり焼いたトーストやビスケットのようなアロマに赤系果実のブラックベリーとバニラエッセンス香があり、濃厚でなめらかな舌触りです。ビーフシチューや牛肉の赤ワイン煮込みと相性が良いです。

銘柄:
Legitim Tint Crianza(レヒティモ クロアンサ)
産地:
スペイン プリオラート
品種:
ガルナッチャ、カリニェナ、メルロー、シラー

完熟した果実や、複雑なバニラとトースト香のアロマがあります。全体のバランスがとても良く、丸みのあるやさしい口当たりに仕上がっており、心地良く余韻も広がります。

銘柄:
SALMOS(サルモス)
産地:
スペイン プリオラート
品種:
カリニェナ、ガルナッチャ、シラー

スペインワインを牽引する名生産者トーレスが、注目産地プリオラートで手掛ける濃厚な果実味を湛えた滑らかで芳醇な味わいの1本です。豊かな果実味がメインで濃厚で絶妙なバランスです。サーロインステーキと相性が良いです。

銘柄:
Solluna PRIORAT(ソルーナ プリオラート)
産地:
スペイン プリオラート
品種:
ガルナッチャ、カリニェナ、シラー

黒系果実、赤系果実双方の心地よいアロマにバルサミコやスパイス、ハーブを連想させる複雑な香りがあります。ボリューム感と粘度を感じさせる口当たりに滑らかなタンニン、完熟果実、スパイス、ミネラルがバランスよく調和しており心地よい余韻が感じられます。

濃厚でエレガントな高品質赤ワインプリオラート

スペインの中でも、厳しい品質基準で造られたプリオラートはその価値を認められており、スペインならではの個性と情熱を感じることができるワインです。ワインだけでも、またワインを引き立てるお料理とともに、この豊かな味わいをお愉しみください。

関連の記事

TOP