ワイン紀行

ワインの世界を巡る
「オークラ ワイン紀行」

ポマールはブルゴーニュの中でもワイン造りの歴史が古く、中世より「コート・ド・ボーヌのワインの花」と呼ばれたブルゴーニュの代表格です。
その中から、ソムリエおすすめの4本をご紹介いたします。

期間 2018年5月1日(火)
~ 6月30日(土)

開催レストラン・バー

フランス料理 / ワインダイニング 
ラ・ベル・エポック / バロン オークラ
Pommard Grands Epenots 2006 Pierre Morey
ポマール グラン・ゼプノ2006ピエール・モレ

ムルソーの造り手として著名なピエール・モレは、実はシャサーニュ・モンラッシェの出身です。ピエールの父が1935年にドメーヌ・コント・ラフォンの小作人の一人となり、後にピエールがそれを引き継ぎました。ピエールのワイン造りの手腕は、ドメーヌ・ルフレーブでも1988年から20年間にわたって発揮されましたが、ドメーヌ・ルフレーブを離れた後、娘のアンヌを共同経営者に迎えて11haの畑を耕作し始めました。ドメーヌ・ルフレーブがそうであったように、ドメーヌ・ピエール・モレも1991年から自然農法を開始し、6年後にはすべての畑をビオディナミ農法に転換しました。
ピノ・ノワールの熟成感と「鴨胸肉のロースト」のハーモニーをぜひご賞味ください。

ポマール グラン・ゼプノ2006ピエール・モレ画像
期間 2018年5月1日(火)
~ 6月30日(土)
料金 Glass  ¥3,510 
Bottle ¥21,060
ご予約・
お問い合わせ
フランス料理 / ワインダイニング 
ラ・ベル・エポック /
バロン オークラ

TEL (03)3505-6073
中国料理 桃花林
Pommard 1er Cru Jarollières 2006 Domaine Jean-Marc Boillot
ポマール プルミエクリュ ジャロリエール 2006 ドメーヌ・ジャン・マルク・ボワイヨ

フランス・ボーヌ地方の中でも秀逸な赤ワインが出来るコミューンとして知られるポマールですが、そのポマールの入口にドメーヌ・ジャン・マルク・ボワイヨはあります。「ブルゴーニュの白ワイン最高の造り手の一人」と名高いエティエンヌ・ソゼ氏の孫にあたるジャン・マルク・ボワイヨ氏は、1980年代後半までピュリニー・モンラッシェにあるオリヴィエ・ルフレーヴの醸造責任者でした。その後、自身のドメーヌを立ち上げ、現在では約10haの畑を所有しています。
豊富なタンニンを持った力強さのあるこのワインは長期熟成にも耐え、飲み頃は10年以上といわれています。フローラルなピノ・ノワールらしい赤果実のアロマも愉しめ、ローズとシャクヤクがほのかに香る、ふっくらとした口当たりが特徴です。桃花林の黒酢の酢豚とも相性が良く、料理を一層引き立ててくれます。

ポマール プルミエクリュ ジャロリエール 2006 ドメーヌ・ジャン・マルク・ボワイヨ 画像
期間 2018年5月1日(火)
~ 6月30日(土)
料金 Glass  ¥3,240 
Bottle ¥19,440
ご予約・
お問い合わせ
中国料理 桃花林
TEL (03)3505-6068
鉄板焼 さざんか
Pommard 1er Cru Grands Epenots 2002 Domaine Michel Gaunoux
ポマール プルミエクリュ グランゼプノ 2002 ドメーヌ・ミッシェル・ゴヌー

ポマールを代表する造り手、ミッシェル・ゴヌーはエキゾチックなニュアンスのある優美な佇まいが魅力で、グランゼプノはポマールの中でも最上の畑です。このワインを造っているのは、女手ひとつでドメーヌを支えるマダム・ゴヌー。マダムはご主人の遺志を継いで、徹底して「熟成させて美味しくなるワイン」を造ることにこだわっています。そのこだわりは、マダム自ら「10年は飲まずに熟成させて」と断言しているほど。さらにマダムは品質にも徹底してこだわり抜きます。納得いくワインが出来ないと判断した年には、1本もワインを造りません。そのため欠番となるヴィンテージもあり、他の造り手のワインに比べて市場に出る数が圧倒的に少数です。
今回おすすめするグランゼプノはマダム自慢の1本。特級格付けがないポマール村で「特級に昇格するべき」と高く評価されている1級ワインです。ブルゴーニュワインの大きな愉しみである熟成の妙味と、さざんかの和牛フィレ肉は至福の相乗効果が味わえます。

ポマール プルミエクリュ グランゼプノ 2002 ドメーヌ・ミッシェル・ゴヌー 画像
期間 2018年5月1日(火)
~ 6月30日(土)
料金 Glass  ¥3,240 
Bottle ¥19,440
ご予約・
お問い合わせ
鉄板焼 さざんか
TEL (03)3505-6071
和食・天ぷら 山里
Pommard 1er Cru Les Rugiens 2006 Domaine de Montille
ポマール プルミエクリュ レ・リュジアン 2006 ドメーヌ・ド・モンティーユ

映画「モンドヴィーノ」でも有名な醸造一家「ドメーヌ・ド・モンティーユ」は、優雅なクラッシックスタイルを想わせるワインを生みだすヴォルネイの名手です。現当主エティエンヌ氏は1980年代からワイン造りに関わり、1990年代からはビオロジック栽培に転換し、畑の規模も拡大していきました。氏が愛情をそそぐワインはどれもエレガントでしなやか、大変優しいニュアンスですが、長期熟成にも十分耐えます。このワインは12年間の静かな眠りを経て飲み頃を迎え、熟成の奥深さと穏やかな味わいが和食にとてもよく合います。
このワインに合わせるおすすめ料理は、初夏の香り漂う「あいなめ木の芽焼」、甘辛い味噌が赤ワインと相性の良い「賀茂茄子田楽」、梅肉の甘酸っぱさがピノ・ノワールの味わいに寄り添う「鱧の梅肉和え」、旨みの相乗効果が愉しめる出汁の利いた「どじょうの柳川鍋」です。
季節の献立とワインをぜひお愉しみください。

ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエクリュ レ・シェニョ 2006 ショーヴネ・ショパン 画像
期間 2018年5月1日(火)
~ 6月30日(土)
料金 Glass  ¥3,780 
Bottle ¥22,680
ご予約・
お問い合わせ
和食・天ぷら 山里
TEL (03)3505-6070
  • ヴィンテージは変更になる場合がございます。
  • ご案内の料金に10%のサービス料を加算させていただきます。

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ 
(各レストラン・バーにて承ります)
TOP