50年の歩み

Best Cuisine フランス料理

  • ホテルオークラ開業まもなく調理技術向上のためにフランスより招聘した3人のシェフと小野正吉総料理長(左から2人目)。ロベール・カイヨー氏(左)、アンドレ・ルコント氏(右から2人目)ジャン・プレイ氏(右)。

  • 1962年、ホテル開業の5ヶ月後に滞在中のメキシコ マティウス大統領主催の晩餐会が天皇皇后両陛下のご臨席のもと開催されました。

  • 1970年、NHKの番組収録中の小野正吉総料理長。「きょうの料理」など数多くの番組にも出演いたしました。

  • 1973年、パリの三ツ星レストラン「グラン・ヴェフール」のオーナーシェフ、レイモン・オリヴィエ氏とレシピを確認する小野正吉総料理長とホテルオークラの調理スタッフ。

  • 小野正吉総料理長 直筆のメニュー。

  • 1974年、辻調理師専門学校(大阪)で開催されたフランス料理の公開講座にてポール・ポギューズ氏をサポートする小野正吉総料理長。

  • 1975年、ホテルオークラ「レディース・サークル」のフランス料理講習会。

  • 1978年、根岸規雄総料理長とジャン・プレ氏。

  • 1987年、開業25周年を記念しホテルオークラも加盟するLHW(ザ・リーディング・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド)の6ヶ国のメンバーホテルから同時にシェフを招聘し、6つのレストランで「世界の料理フェスティバル」を開催いたしました。

  • 1980年、迎賓館にて開催されたスウェーデンのグスタフ国王歓迎晩餐会。ホテルオークラが料理とサービスを担当いたしました。

  • 1983年、ジョエル・ロブションフランス料理フェステイバル開催時にラ・ベル・エポックの厨房で記念撮影に収まる田中俊彦マネージャー、小野正吉総料理長、ジョエル・ロブション氏、ジャックボリー料理長。

  • 1983年、ジョエル・ロブションフランス料理フェステイバルの案内。

  • 1988年、ホテルオークラで開催されていたフランス・ガストロノミックウィークのために来日していたシェフたち。日本人シェフとしては初めてフランス共和国「農事勲章オフィシエ」を受賞したことを祝福される小野正吉総料理長。

  • 1988年、フランス ガストロノミックウィークのメニューに記された各シェフのサイン。

  • 1992年 明治神宮氷彫刻冬季全国展 優秀作品「虹の楽園」
    1995年 氷彫刻世界大会 優秀作品「トリュフ狩り」

  • 2000年、九州沖縄サミット。ホテルオークラから多くのスタッフが派遣され、首脳晩餐会のサービス、アメニティセンターの飲食サービス等を担当いたしました。

  • 2002年、開業40周年を祝して毎月一回ホテルオークラの5人の料理長による特別料理を堪能する賞味会が開催されました。

  • パティシエの創作クリスマスケーキのオブジェ
    (2007年ホテルロビーにて)
    東京スカイツリーのウェディングケーキ
    (2011年ホテルオークラ東京にて)

PAGE TOPPAGE TOP